ユーモアのある切り返しのコツを知ろう

・ユーモアのある切り返しができると賢く見える

皆さんのなかにも、人と会話していて、相手から冗談を言われた時にうまく返す言葉が思い浮かばずにただ笑うしかなくひきたて役に終わったという経験や、ちょっと皮肉っぽいことを言われてムッとしたけど、返す言葉が思い浮かばなかったという経験がある人はたくさんいると思います。

そんな時にユーモアのある切り返しができればなと思ったことはないでしょうか。

相手から冗談言われたときにユーモアのある切り返しができれば、相手の笑いに上乗せして自分の笑いにすることができますし、皮肉を言われてもユーモアのある切り返しができれば、皮肉を言った人もやられた気分になると思います。

また、ユーモアのある切り返しができる人は周囲から頭の回転が早く賢い人だと思われたり、心が広い人、面白い人として高評価を得ることができます。特に、女性から高い評価を得ることができるので、ユーモアのある切り返しのできる男性はモテますよね。

ユーモアのある切り返しができる人って、そういうセンスがある人じゃないと出来ないだろうし、自分には無理だと思っている人もたくさんいるかもしれませんが、コツをつかんでどんどん試していくことで、徐々にできるようになるものです。あなたもそのコツを知ってみたいと思いませんか?

こちらもおすすめ!

効果あり?人に好かれる会話術【男女兼用】の内容のレビュー(ネタバレあり)

・ユーモアのある切り返しのコツについて

ユーモアのある切り返しができるようになるコツをいくつか紹介するので参考にしてみてください。

「上手な人をマネる」

スポーツをする時も上手な人を見てマネすることから始めますよね?それと同じで、この人上手な切り返しをするなって人の切り返しを参考にするというのは上達するコツです。どんどん吸収して自分のものにしていきましょう。

「ポジティブに返すことを心がける」

ユーモアということにこだわり過ぎているとなかなか出てこないことがあるので、そういった時はポジティブな返しをしようと心掛けていると面白い返しが思い浮かびやすくなります。

「とにかく言ってみる」

いきなり気の利いたユーモアのある切り返しはなかなかできません。最初のうちは面白いかどうかは度外視にしてもいいのでとにかく言ってみることを心掛けてみましょう。切り返しは瞬発力が必要になりますが、とにかく言ってみるということを繰り返すことで瞬発力が磨かれていきます。

「本や教材を参考にする」

最近では、上手な切り返しのコツや例などが掲載されている本や、上達するための教材も販売されているので、ユーモアのある切り返しと言われてもどうやればいいのか全く想像もつかないという人にはこういった本や教材で学んでみるのもおすすめです。

好きな女性を笑わせる会話を身につけるおすすめの方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする