これは必見!ユーモアのある会話を鍛える方法について

・鍛えることでユーモアのある会話はできるようになる?

ユーモアのある会話ができる人の周りには人が集まりますよね。ユーモアのある会話ができる人や笑っている周囲を見ながら自分もこんな風になりたいなと思ったことがある人はたくさんいると思います。

ユーモアがあるかどうかはもって生まれたスキルだと思っている人もいるかもしれませんが、鍛えることでユーモアのある会話はできるようになっていくものです。なので、ユーモアのある会話ができるようになりたいと思っている人は諦めずにチャレンジしてみることをおすすめします。

・ユーモアのある会話ができるようになりたいという人が捨て去るべきマインド

ユーモアのある会話ができるようになるための鍛える方法を知りたいという人はその前に知っておくべきことがあります。それは次に紹介する3つのマインドをもっている人はそれを捨て去る必要があるということです。その3つとは

「無駄なプライド」

「劣等感」

「自意識過剰」

です。

無駄なプライドがあって相手より優位に立ちたいという気持ちがあると面白い言葉は思い浮かんできませんし、実際に言おうとしたときに無駄なプライドが邪魔をして言えないことも出てきます。

どうせ自分は面白くないと劣等感をもっていると、仮にユーモアのあることを言ったとしても、劣等感が伝わってしまい相手を笑わせることができません。

また、自意識過剰だと、こんなことを言ったら相手はどう思うのだろうと気になって言えなくなってしまったり、ユーモアを言った後の相手のリアクションが気になってしまい会話が弾まなくなってしまいます。

こういったマインドをもっているかもという人は、まずはそのマインドを捨て去る努力が必要です。

・ユーモアのある会話を鍛える方法

ユーモアのある会話を鍛える方法ですが、基本的は「実践あるのみ」です。そう言われると、もっと劇的に上手くなる方法みたいなのはないのかとガッカリした人もいるかもしれません。

しかし、それは野球で例えたら、バットも振らずにホームランを打つコツを教えてくれと言っているようなものです。とりあえずバットを振って、ボールを打ってみないことには鍛えようがないのです。

それでも実践しろと言われても急にできるものではないという人は、まずはリアクションを大きくするということと、感情表現を(大げさなくらいに)大きめにしていくということを意識して会話することから始めてみてください。そうすることで話を聞く相手があなたのユーモアを受け入れやすくなります。

愛しのあの娘をGET!好きな女性を笑わせる会話を身につけるおすすめの方法