これであなたも人気者!ユーモアセンスを磨くトレーニングを紹介

・ユーモアセンスを磨いていこう

人と仲良くなるため、仕事で活かせるため、女性からモテるためなどいろいろな理由でユーモアセンスを磨きたいと思っている人はたくさんいると思います。

しかし、ユーモアセンスってどうやって磨いていけばよいのだろうと思っている人も多いのではないでしょうか。そういった人のためにユーモア

センスを磨くためのコツやトレーニングを紹介したいと思うので参考にしてみてください。

・ユーモアセンスを磨くコツやトレーニングについて

「周囲を観察しよう」

面白いことが浮かばないという人は周囲を観察するクセをつけましょう。

ユーモアのある人のことを観察したり、周囲がどういったことで笑うのかなどを観察するのはもちろん良いトレーニングになりますが、よく周囲を見ていると面白いネタが意外とあちこちに転がっているものです。

どんどん面白いネタを拾って自分の話のネタに取り入れていきましょう。

「固定観念をなくすクセをつけよう」

固定観念が凝り固まっていると、その場の空気や相手にあったユーモアの言葉が柔軟に出てきませんし、ユーモアセンスを磨く際の障害になってしまいます。

固定観念をなくすためにどうすればいいのかというと、普段話かけにくいなと思っている人にあえて話かけてみたり、普段入らないようなお店やスポットに遊びに行ったり、普段読まないような本をあえて読んでみたりなど、普段はやらないようなことをあえてやってみると新たな発見があって、会話に幅が出てくるようになります。

「想像力をふくらませるクセをつける」

例えば同じ場所で同じ時間を過ごした2人がいて、その過ごした時間の思い出話をそれぞれしてみてくださいといったら、同じ思い出のはずなのに、2人の話が全く一緒にはなりませんよね?片方は普通の話だったのに、もう片方は面白おかしい話になることもあります。

このように面白い話をできる人は想像力をふくらませることが無意識にできているからだと思います。さきほどの固定観念の話と似ていますが、見たものを違った角度でみるクセをつけて想像力をふくらませることを普段から行なうことがユーモアセンスを磨くことにつながります。

ここで紹介したトレーニング、いかがだったでしょうか?継続して行っているうちにユーモアセンスがちょっとずつ磨かれていくと思います。こういったトレーニングはいつでもできるので、どんどん行なってユーモアセンスを磨いていきましょう。

愛しのあの娘をGET!好きな女性を笑わせる会話を身につけるおすすめの方法