面白いネタを会話に取り入れよう!その際の注意点についても解説

・面白いネタをつくるコツ知ろう

面白い会話をできる人と会話していると、どうしてこういう人は面白いネタをたくさんもっているのだろうって思ったことがある人も多いのではないでしょうか?

面白い会話をできる人は、面白いネタをたくさん持っているのは事実だと思いますが、特別その人の周りだけで面白い出来事がたくさん起きているわけではありません。そういう人は皆と同じような出来事であっても面白いネタにすることができるコツを知っているのです。

なので、面白いネタをつくるコツを知って、面白いネタをつくっておいて会話に自然に取り入れるようにできるようになれば、面白い会話ができるようになっていくことは誰でも可能なのです。

あなたも面白い会話ができるようになりたいと思いませんか?

・面白いネタをつくる際に注意すること

面白いネタをつくるときに気を付けなければならないのが、相手が共感できるネタをつくるということと、自分が面白いと思うネタを話すということです。

・大きな自慢話

・借金や下ネタなど相手がひいてしまうような話

・専門的な知識が必要となる話

など相手が共感しにくいものは、「へえー」「すごいね」と思われることはあっても、笑いにはつながりにくくなります。

また、自分が面白いと思って話しているかもすごく重要です。自分が面白いと思っていると会話に感情も入りますし、面白さが伝わりやすくなります。自分が面白いと思えるネタで、相手も共感できるというネタをどんどんつくっていきましょう。

・全体の流れを意識してネタをつくる

面白いネタがあっても、いきなりオチを話しても相手を笑わせることはできません。まず相手にその時の状況がイメージできるような説明をしてからオチを話す必要があります。なので、面白いネタをつくる場合は全体の流れを意識する必要があります。

具体的には

・いつ

・どこで

・誰が

・何を

・(何故)どうした

という流れを意識して話をつくっていくと大体の骨組みが完成すると思います。この流れで話をするのは面白いネタを話す時だけではなく、会話をするときの基本でもあります。

面白いネタがつくれたら、試しにドンドン使ってみましょう。完璧に話せるようになってから話したいと思うかもしれませんが、使っているうちに要らない部分や説明不足な部分が分かってきたり、話し方も上手になってきて徐々にネタが完成していくものなので、会話中にチャンスがあればドンドン使っていきましょう。

愛しのあの娘をGET!好きな女性を笑わせる会話を身につけるおすすめの方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする