切れのあるツッコミで笑いを取る方法とは?

・会話にツッコミがあると良い理由

会話をしているときに、相手が面白い話をしたり冗談(ボケ)を言ったりした時にあなたはどんなリアクションをしていますか?

とりあえず笑っているだけという人もいると思いますが、そんな人は一歩進んでツッコミを入れてみませんか?笑うだけではなくツッコミを入れることで、相手との距離がすごく縮まりますし、面白いツッコミをいれることで笑いを取ることもできるようになります。

ツッコミを入れたことがない人に最初にツッコミを入れるときは勇気がいるかもしれませんが、相手が面白い話や冗談を言っているわけなので、相手もツッコミを入れてもらう体勢は整っているわけですし、むしろツッコミを入れてもらいたいと思っている人も多いと思うので、気にせずツッコミを入れていきましょう。

また、ツッコミは相手が面白いことを言った時だけではなく、普通のことを言っている時でも使用できますし、笑いを取ることができます。

ツッコミで笑いをとりたいけど、どうやってツッコミで笑いを取るのか分からないという人もいると思うので、ツッコミで笑いをとる方法をここで紹介したいと思います。よかったら参考にしてみてくださいね。

・ツッコミで笑いを取る方法

「大げさな言葉でツッコミをいれる」

相手が言ったことに対して自分が思ったことを大げさに表現するというのも一つの方法です。

例えば相手にありがたい言葉をもらったときに「ありがとう」とただ感謝を伝えるのではなく、「あなたが想像している10倍感謝している」「ありがたい人ランキング1位です。」と大げさに感謝を伝えましょう。大げさに言うときは言い方も大げさにいうのがポイントです。

「例えツッコミをする」

相手の状況や言ったことに対して、何かに例えてツッコミをいれると笑いを取ることができる可能性がグッと上がります。

例えば、相手がわがままなことを言った場合に「わがままだな」とそのままツッコミをいれるのではなく、「殿様かっ(お姫様かっ)」とツッコミをいれたり、ペットを可愛がっている人に「ムツゴロウさんかいっ」って感じで例えてツッコミを入れるとイメージが浮かびやすいので笑いにつながりやすくなるのです。

面白い例えツッコミができれば、笑いを取ることができるだけではなく、頭の回転が早く賢い人だなとも思ってもらえるので、日頃から何かに例える練習をしておいて、とっさに何かに例えることができるように頭を働かせておきましょう。

愛しのあの娘をGET!好きな女性を笑わせる会話を身につけるおすすめの方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする